• ゆすはら応援隊が行く!!

ゆすはら応援隊が行く!!

ゆすはら応援隊が行く!!

梼原町では、中山間地域に住み続けることのできる地域づくりを目指し、集落活動センターを設置し活動を行っています。
その運営サポートや地域活動のサポートなどを行うのが『ゆすはら応援隊』です。
このページでは、地域の方と協力しながら、集落機能の維持や活性化のために日々奮闘しているゆすはら応援隊の様子や、 町内の様子などを、応援隊目線でお届けしていきます。


あいの里まつばら一周年記念イベント(前編)

2016年03月25日

みなさま、こんにちは!
先日、3月13日(日)あいの里まつばらにて一周年記念イベントが無事開催されました!
ご来場くださいました皆さま、まっことありがとうございました!

今回は、イベントの様子をお伝えします。長文になってしまったので、一先ず、体験コーナーのお話を。

まずは、一周年イベントと言うことで、感謝の気持ちを伝えたい!
『もちつき&ふるまいもち』
小学生も参加してくださいました♪♪
私も初挑戦!腰がひけてダメダメでした。
横の写真のM田プロの安定感・・・。恐れ入ります。
次の日は、なんだか体がだるおもでしたが、こじゃんと楽しかったです♡




『足湯コーナー(協力:山遊亭)』
松原の名泉♪をいただき、足湯コーナーを設けました。
あいの里の裏は渓谷の景観が素晴らしく、『足湯なんかできたらえいね~』という地域の声から実現しました!
イベント数日前のfacebookで水が漏れているというアクシデントを掲載していたので、お越しの皆さまに『足湯の漏れは大丈夫?』と言うお声掛けをいただきましたが、当日は全く問題なく皆さまに暖まってもらえたようです。
足が真っ赤っ赤!!!さすが、山遊亭さんです♪ありがとうございます!!!
あれ、懐かしいお姿も発見!応援隊OB(松原担当)の影山さんです。
後輩が心配になってわざわざ来てくださいました!ありがとうございました!!



『竹細工作り』
松原のお父さん方による、体験コーナーです。
竹とんぼを作っていましたよ!上手に飛んだやろうか?



さて、前編はここまでです。後編をお待ちくださいませ。

(つづく)
(ふか)


存在感

2016年03月13日

ゆすはら応援隊フェイスブックの「四万十街道ひなまつり」の記事に「八代亜紀いました?」
とコメントがあったのが気になって、
僕も四万十街道ひなまつりを実施している久岡邸にお邪魔してきました(*^◯^*)




写真では見てたけど実際自分の目で見ると人形の迫力があるなー





・・・・!?



いました、紛れもなく八代亜紀さんです。
ほんで失礼やけど思ってたより若くて綺麗でした。






上の4枚の写真には全部写りこんでます。
どうでしょう、気になってきたでしょ(^ω^)

気になった方は是非行ってみてください。
綺麗な飾りつけされた人形の数にも驚かされるしおもしろい物も一杯ありましたよ




(わき)


ゆすはらぶらり(松原ひなまつり編)

2016年03月03日

みなさま、こんにちは!
さて、3月3日は桃の節句、ひなまつりですね♪
個人的にとても好きで、なんだかワクワクします♡

梼原町も第8回四万十街道ひなまつりに参加しています!
本日は、松原区のお雛様をご紹介します。
松原区島中にある久岡家住宅、その名も「おしどりの巣」で展示されています。
奥四万十博と四万十街道ひなまつりののぼりがある橋を渡るとスグです。
おしどりの巣に着くと、猫もひなまつりムードで皆さまをお出迎えしてくれます。



さて、お部屋を覗くと、様々なお人形とご対面。



そして
こちらは、幕末期の大変貴重なお雛様です。安政2年(1855)、坂本龍馬が21歳(数え年)頃の物のようです。
数年前には高知駅近くの『龍馬伝・幕末志士社中』で展示されたものです。
160年前のものですが、とても綺麗に残されています。大切にされてきたことが伝わってきますし、表情を見るとなんだか穏やかな気分になります。
ストラップ(1つ300円)も販売されており、お土産に一ついかがでしょうか?



雛人形は、どれも似ているように見えますが、よく見るとお顔やお衣装がひとつひとつ違うので面白いです。
いつもは三人官女に目を奪われる私が、おしどりの巣で見つけたお気に入りは、この二人でした。皆さまもお気に入りを見つけてみては?



展示している久岡のお母さんに今年のみどころを伺うと、
「たくさんの人形さんを飾ったので、全部見てほしいです!!」とのことでした。
3月15日(火)までですので、皆さまもお時間ありましたら、松原区へお越しください。

「おしどりの巣」から車でスグの直販所あいの里「まつばら」(9:00-16:00営業・期間中3月10日(木)休み)へも是非お立ち寄りくださいね♪





※おまけ
あいの里のお雛様



松原区中平にある桃の花ではなく、梅の花・心地よい梅の香りがします



(ふか)


カレンダーの表紙に・・・

2016年02月29日

2月に入ってまたまた雪が降っていた梼原です。

またまた雪が降って思い出しました。
これです!



27年度の梼原町のカレンダーの表紙♪ 福寿草(フクジュソウ)です。
「こんな綺麗な写真が撮りたいんや!!」

ってことで行ってきました。「百一草園!」



昨日、雪が降り今日の天気は晴れという絶好のチャンス!
いざ撮影開始☆




・・・・・・難しい!!!
そらプロのカメラマンさんみたい撮れるとはもちろん思ってませんがこれほどとは・・・
園主の中平さんに聞くと
「雪の中に埋もれて花が閉じちゃうからもうちょっとお日さんが照ると綺麗に花開くよ」

ってことで次の日にリベンジしてきました
自分ではなかなか綺麗に撮影できたと思っていますがどうでしょう?



 



今年はこれで満足です。また来年に雪の中の福寿草撮影をチャレンジします!


最後に福寿草は今の時期が見ごろでこの後3月上旬ごろからセツブンソウやバイカオウレンなどもいい時期になるので是非、四万川区「百一草園」にお越しください。

(わき)


お豆腐と作り手さん(四万川)

2016年02月18日

みなさま、こんにちは。
梼原では雪が降ったり、ぽかぽか陽気な日があったり、いろいろです(笑)。
さて今回は、私が梼原に来てから大好きになったもののひとつ、お豆腐を紹介します。
四万川でお豆腐づくりの一部を見せて頂きました!


にがりを入れて寄せた後

できたてのお豆腐(12丁)


お豆腐づくりの工程に、豆乳を器に入れ、にがりを加えてゆっくりと撹拌する作業があります。
この一連の作業を「寄せ」と言うそうなのですが、
おいしいお豆腐になるには、この寄せ具合が大事だそうです。

にがりの量は目分量で、撹拌しながら調整をされているのですが、
調整の分量は本当にちょっとだけ。
表面にツヤが出て、光ったらいい豆腐だそうです。長年の経験ですね!

あとは・・・お豆腐の味には人柄が出るとのこと。

やっぱり!!
私はこのお豆腐を作っている方の人柄と、ときどき見せてくださる笑顔が大好きなんです!
だからこのお豆腐は美味しいんだなぁと実感しました。

こちらのお豆腐は堅めで、お醤油と生姜で頂くのが幸せです♡

(ゆう)