りもりの住人

谷田 真吾さん

個人事業主/CoMORI会長

44歳

林業歴:7年

JA職員から林業経営者へ

林業をする前は、JAで約20年間勤めてきました。配属がガソリンスタンドだったため、休日やお盆なども休むことができませんでした。親戚の集まりなどにも、ゆっくりできないような日々でした。そんな時に自営で林業をしている人が、休日を自分で決めたり雨の日はゆっくりしたりしているように見え、単純に羨ましいなあと思ったのがこの世界に入った理由です。

山での怪我を乗り越えて、自分のペースで山と向き合う

林業の仕事は命がけというイメージが多いと思います。実際、自分も山でかなり大きな怪我をしてしまいました。だからこそ言えるのですが、自分のペースですることも大切だと思います。事故をして怪我をしてしまえば意味がありません

怖さがないといえばウソになりますが、これが自分の生業と決めて、コツコツと仕事に取り組むと決めました。といいつつもサラリーマン時代の習慣で最初の頃は、朝から夕方17時くらいまで働かなくてはと思ってがむしゃらに頑張っていましたが、最近は夏の暑い日などは、早くから仕事をして15時ぐらいには片づけても良いかなと思ってきました。

週末は、とにかく家族のために

子どもは、双子の高校生と小学6年生で男の子3人。自分の中で決めていることは、週末は家族のために過ごすこと。コロナの前は、部活の応援などに行くことも多かったですね。今はだいぶ大きくなった子供たちですが、小学生の子を寝かせるのも自分の仕事です。マッサージをしていたら寝入るので、とてもかわいいですね。

自分の休みは、雨の日ですね。雨の日の前日は、深酒をして自分にご褒美。そして翌日は自分の好きなことをしてのんびり過ごしています。

林業の仕事の仕方もたくさんあるので、自分に合った仕事をみつけて

自分は、伐採の仕事を選びましたが、林業の仕事にはほかにも、植林や間伐、製材の仕事など様々な職種がありますので自分にあった仕事を見つけてほしいと思います。

自分は今一人で仕事をしていますが、助けてもらうことも多いので、田舎で暮らすためには協調性も必要です。 それなりに覚悟を決めて来てくださるとうれしいですね。

谷田さんの一日

りもりの住人

高知県梼原町では、私たちと一緒に、
未来の森林づくりをしてくれる仲間を募集しています。

  • 森林の神秘と美しい街並みに惹かれて

    角金 玄さん

    ゆすはら地域おこし協力隊

  • 自分のペースで山と向き合う

    谷田 真吾さん

    個人事業主/CoMORI会長

  • 父親の背中を見て、家業を継ぐ決意

    川上 政志さん

    川上木材代表/CoMORI副会長

  • 地域おこし協力隊募集

    梼原町役場及び梼原町内の地域住民と協力し、梼原ならではの林業技術を取得し、豊かで持続可能な森林づくりを進める林業技術者を目指す活動を行う協力隊員を募集しております。

  • CoMORI

    令和2年、梼原町森林づくり若手研究会「CoMORI」が立ち上がりました。メンバーはいつもは別々の会社などで働いている7名が職場の垣根を越えて集まり、交流を深めるとともに林業技術の向上に切磋琢磨しております。