• 雲の上の町 ゆすはら ─高知県梼原町─

各課紹介/保険福祉支援センター

保健福祉課からのお知らせ一覧

「第8期梼原町高齢者福祉計画・介護保険事業計画」を策定しました

2021年04月20日

令和3年3月に「第8期梼原町高齢者福祉計画・介護保険事業計画」を策定しました。

第8期梼原町高齢者福祉計画・介護保険事業計画.pdf


第8期梼原町高齢者福祉計画・介護保険事業計画


≪国民健康保険≫ 交通事故等にあったとき

2020年11月20日

≪国民健康保険≫交通事故等にあったとき

●届け出はすみやかに
交通事故やけんかなど、本人以外の第三者の行為によってケガをし、国保で治療を受ける場合には、医療機関等の窓口へ申し出るとともに、必ずすみやかに町の国保の係へ届け出をしてください。

●国保は一時立替払い
交通事故等でケガをし、その原因が第三者にある場合、これに伴う治療費は本来第三者が支払わなければなりません。
しかし、国保では「被保険者の治療を受ける権利」を保障するということから、一時立替払いの形とし、後から第三者に請求することになります。
ただし、第三者から治療費を受け取っている場合は、国保の立替はできません。

●示談は慎重にしましょう
国保に届け出る前に示談が成立してしまうと、国保が第三者に請求できなくなる場合があります。
示談をする前に必ず国保の係にご相談ください。

●第三者求償の各種様式
第三者行為による傷病届(PDF)
第三者行為調査票(被保険者用)(PDF)
第三者行為調査票(第三者用)(PDF)
念書(被保険者)(PDF)
確約書(第三者)(PDF)
事故発生状況報告書(PDF)
人身事故証明書入手不能理由書(PDF)
※「人身事故証明書入手不能理由書」ついては、必ず両面印刷での使用をお願いいたします。


第2期梼原町地域福祉計画梼原町地域福祉計画 中間評価・見直し

2020年09月01日

本町では、平成29年3月に策定した「第2期梼原町地域福祉計画」について
社会情勢の変化や取り組み内容の状況、制度改正等に対応するため
策定から3年目の令和元年度、中間見直しの年度とし、これまでの取り組みを検証し、
地域共生社会の実現に向けた取り組みをさらに進めるために中間見直しを行いました。

「地域の絆により支えあい安心して暮らせるまちを共に創る梼原人と仕組みづくり」を目標に
「住み慣れた環境で暮らし続けたい、安心して暮らしたい」という願いをかなえるために
今後も町民の皆様、各事業所・各種団体の皆様のより一層のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

梼原町地域福祉計画梼原町地域福祉活動計画中間評価
梼原町地域福祉計画梼原町地域福祉活動計画(令和元年3月)_


令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について

2020年05月15日

子育て世帯の生活を支援するために一時金を支給します!



令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みの一つとして、児童手当を受給する世帯に対し、臨時特別の給付金を支給するものです。


支給対象者
令和2年3月31日時点で梼原町に住所があり、令和2年4月分(3月分を含む)の児童手当を受給している方
※所得制限限度額以上のため、特例給付として児童一人につき月額5,000円の支給を受けている受給者は対象外となります。

対象児童
児童手当の令和2年4月分の対象となる児童です。
※平成16年4月2日から令和2年3月31日までに生まれた児童が対象となります。
※新高校1年生も含まれます。

支給額
対象児童1人につき、1万円

支給時期
対象の方には、6月末頃までに支給します。(公務員を除く)
※確認ができなかった場合には、お問い合わせください。

支給方法
令和2年4月分(3月分を含む)の児童手当の振込先として指定している口座に振り込みます。

※児童手当の支給に当たって指定していた口座等を解約等しており、給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合は、児童手当の振込指定口座の変更手続き等をお願いいたします。

※上記により、指定口座への振込が口座解約・変更等によりできない場合は、子育て世帯への臨時給付金が支給されませんので、令和2年12月末までに必ずご対応をお願いします。

申請方法
申請は不要です。(公務員の方は申請が必要です。)
※給付を希望しない場合は申出書を提出していただく必要があります。
対象者には、事前にお知らせします。対象の方でお知らせが届かない場合は、必ず保健福祉課福祉係までご連絡をお願いします。

公務員の方について
公務員の方で、職場から児童手当を受給している方は、申請が必要です。所属庁から配布される申請書(請求書)「公務員児童手当受給状況証明欄」に所属庁の証明が必要です。申請書に必要事項を記載し所属庁に提出し、証明を受けた上で、住民票のある市町村へ申請してください。
申請書受付期間は、9月30日までです。(梼原町は保健福祉課に申請してください。)

詐欺にご注意ください!

「子育て世帯への臨時特別給付金」に関する″振り込め詐欺”や″個人情報の詐欺”にご注意ください。
ご自宅や職場などに保健福祉課から問い合わせを行うことはありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに保健福祉課又は最寄りの警察にご相談ください。


お問合せ・担当窓口
保健福祉課 福祉係
電話0889-65-1170


梼原町不妊に悩む方への治療費等助成事業について

2018年03月26日

梼原町では、次世代育成を目的として、妊娠を望むご夫婦を対象に不妊治療等に必要な経費の一部を助成しています。

【対象となる治療】
・一般不妊治療等・・・医療保険適用の不妊治療(各種検査やタイミング法など)・医療保険適用とならない人工授精
・特定不妊治療等・・・男性不妊治療及び体外受精・顕微授精

【対象となる方】
①法律上の夫婦であって、どちらか一方が梼原町に住所を有し、かつ居住している方
②夫婦の合算年間所得が730万円未満の方(※1)
③夫婦のいずれも町税及び公共料金の滞納がない方
④他の自治体で同一の助成を受けていない方、または受ける見込みのない方(※2)
※1:1月から5月の申請にあっては、前々年の所得となります。
※2:⑤特定不妊治療等の申請の場合は、「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成を受けている方、または受けていた方

【助成額】
治療等にかかった経費の9割を助成します。
※ご夫婦の自己負担額がおおむね1割となるよう、医療保険や他の助成も含め、9割を助成します。
※助成額は1,000円単位とし、1,000円未満は切り捨てます。

【助成期間・助成回数】
・一般不妊治療等・・・通算5年間
・特定不妊治療等・・・通算6回

【必要書類】
①不妊治療等助成事業申請書(様式第1号)
②不妊治療等助成事業医療機関等証明書(様式第2号)※1
③住民票(続柄及び本籍地が記載されたもの)※夫婦で住所が異なる場合は、戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書
④被保険者証、受給資格者加入者証及び組合員証の写し
⑤不妊治療等に係る領収書 ※2
⑥夫婦の控除が記載された所得証明書
⑦振込先口座番号が確認できるもの
⑧印鑑
(特定不妊治療に限り)⑨不妊に悩む方への特定治療支援事業決定通知書の写し ※3
 ※1:保険薬局で投薬を受けた方は、薬局からの証明書も合わせて提出してください。特定不妊治療の場合は「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業指定医療機関受診等証明書」の写しを提出してください。
 ※2:「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の手続きで原本がない場合は写しを提出してください。
 ※3:高知県知事から発行された承認決定通知書の写しを提出してください。

【申請の期限】
・一般不妊治療等:治療した日の属する年度の末日まで(治療が終了した日以降の最初の3月31日まで)
・特定不妊治療等:「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成交付決定日から3か月以内
※一般不妊治療等の申請は、随時行うことも、まとめて申請することもできます。治療期間中に不妊治療に要した経費の領収書をすべて添えて申請してください。
※特定不妊治療の申請は、原則は1回ごとに行ってください。
※申請に必要な書類の一部は、原本を窓口で確認したうえでコピーを取り、原本をお返しすることもできます。詳しくは子育て世代包括支援センター(電話:0889-65-1170)までお問い合わせください。

【その他】
要綱及び申請書、様式第1号・第2号は「申請書ダウンロード」のページからダウンロードできます。


全 6 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2

次の1件 »